2010年04月27日

日本初「子どもの村」スタート=里親と養護スタッフが1カ所に−福岡(時事通信)

 虐待などさまざまな理由で家族と暮らせない子供と里親が集まって生活する「子どもの村福岡」が福岡市西区に完成し、24日午前、開村式が行われた。里親による家庭的養護と、それを支援するスタッフらによる専門的ケアとを組み合わせた日本初の試みに注目が集まりそうだ。
 村は里親と子供たちが住む家5棟と、村長やスタッフらが住むセンターハウスからなる。育親(いくおや)と呼ばれる研修を受けた里親が、児童相談所を通じて受け入れた乳幼児3〜5人をそれぞれの家で新しい家族として養育。ハウスに住むアシスタントのほか、小児科医や臨床心理士ら専門家がこれを支える。すでに育親と1〜5歳の子供1人ずつの3組が生活を始めている。
 オーストリアに本部を置く国際NGO「SOSキンダードルフ」が世界132カ国で展開しており、日本では特定非営利活動法人(NPO法人)「子どもの村福岡」が運営。地元を中心とした企業や個人会員からなる後援会が費用を支える。 

不適切取材で役員ら懲戒処分=TBS(時事通信)
<JR北海道>IC乗車券で無賃乗車 グループ会社の6人(毎日新聞)
高速新料金制を再検討=異論続出で−政府・民主(時事通信)
法曹人口「ペースダウンを」=時効撤廃には慎重−日弁連会長(時事通信)
<普天間移設問題>鳩山首相、「職を賭す」 沖縄訪問に意欲(毎日新聞)
posted by カバヤ アキオ at 02:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。